6/3はアーサー・ハルとともに佐久穂町内の小学校へ。
子どもたちと先生方とドラムサークルを楽しみました。

用意した椅子の数は260脚。
全校児童約500名を2グループに分け
1回目は1・3・5年生、2回目は2・4・6年生と
一緒にリズムアンサンブルを作り上げました。

子どもたちだけでなく
担任の先生方にも
校長先生や教頭先生にも
担任を持っていない先生方にも
輪の一員として加わっていただきました。

仲間のリズムを聴きながら
自分のリズムを工夫して作り出し
みんなでひとつの方向へと進んでいくにつれ
子どもも大人もドンドンノリノリに(特に校長先生)!
その場にいる全員で、躍動感溢れるドラムオーケストラを作りあげました。

こちらの学校の教育目標は『創造』。
今回、ドラムサークルというピッタリすぎるプログラムを体感していただけたことを嬉しく思います。
そして、この体験がこれからの子どもたちと先生方とのコミュニケーションに、さらには1人1人の生きる力にどうつながっていくのか、楽しみです。

この度の開催を快く受け入れてくださり、多大な協力をしてくださった佐久穂小学校の先生方に感謝申し上げます。
そして、本イベントの開催にあたりご協賛を賜りました、井出建設興業株式会社様、たなべ診療所様、小さくて強い町づくり実行委員会様にも感謝申し上げます。
そして、このご縁をつないでくださったすべての方に感謝します。
ありがとうございます。

佐久穂小学校のブログに掲載されました。
http://blog.goo.ne.jp/sakuho-es/e/3d3d5cd7452163ad2e569de4e547ab3f

 
ドラムアバウトジャパン2016実行委員会
長野地区担当 鳥川仁美(Otonowa)